④ ご納得頂ける査定価格について

不動産価格が流動的な理由
 一般に不動産の売却を検討されているお客様は、インターネットを利用して、物件検索サイト等からある程度の相場観感を得ることは可能です。しかし、ご自身の所有されている不動産が「実際いくらで売却できるのか?」ということになると、なかなか難しいようです。

■価格査定における悩みや不安
いずれの場合もお客様にとって納得感のある提示とはなっていないようです。なぜなら、不動産価格は同じ物件であってもかなり流動的に推移する性質を持っているからです。

■流動的となる不動産価格の要因


不動産は、購入した時と比べ様々な変化が起こっている為、その影響を受けて価格が変動します。不動産における一般的な「相場」とは、かなり幅がある流動的な目安でしかありません。
価格査定の真実
 本当の意味で「売主様にとって最も高く売れる価格」をワンポイントで明示できる者など誰もいない」というのが真実です。
 その為、売主様の希望を販売方針の基本とし、査定価格を参考としながら、その都度状況に応じて販売価格を決定していくことが大切です。

「査定」価格は、「売却」価格ではない
誤解を恐れずにお伝えしたいことは、一般的に不動産業者が提示する「査定価格」はそのまま売れるという「売却価格」ではありません。万一査定価格が高くても、実際には時期を見ながら価格を下げていくことが多いので注意が必要です。

 ★「査定価格」・・・ある程度の参考価格
 ★「売却価格」・・・需要と供給が合致し成約した時の価格
売却査定にご納得頂く為に・・・
■ 得られた情報を吟味して販売戦略を検討する
■ 販売状況についての情報を随時フィードバック
■ 希望売却価格からの販売開始

WEB等のアクセス状況やメール、電話反響、内覧情報はもちろん、内見者による物件への具体的な評価、競合物件との比較コメント等の情報をご提供し、売主様の判断・方針決定に役立つための活動を重ねていきます。